脳卒中の3つの症状のそれぞれの特徴は?一緒に発症する事は?

脳卒中には脳内の血管が詰まる「脳梗塞」と、脳内の血管から出血する「脳出血」「クモ膜下出血」の3つの病気があります。特に脳出血とクモ膜下出血はどちらも出血系なので分かりにくいと思います。それぞれの症状の特徴を簡単に説明してみます。

まずは脳梗塞です。脳にもたくさんの血管が通っています。細い血管から太い血管までたくさんです。脳の血管が詰まる原因には3種類あります。脳梗塞をさらに3つに分ける事ができるんです。1つ目は細い血管が塞がってしまう「ラクナ梗塞」です。血管が細いとそれだけ塞がりやすくなってしまうので怖いですよね。

2つ目は太い血管が塞がってしまう「アテローム血栓性脳梗塞」です。これは動脈硬化により、太い血管が細くなってしまう事で塞がりやすくなり、発症してしまう脳梗塞です。3つ目は「心原性脳塞栓症」です。これは心臓の中にできた血栓が脳に流れてしまい、その血栓により脳の血管が塞がれてしまう脳梗塞です。

血管が塞がる原因は何かが脳の血管内にできて固まるとかではないんですね。血管自体が細くなって引っ付いてしまって塞がってしまうんですね。喫煙とか血管が細くなるって言いますし気を付けないといけないですね。また、心臓にできた血栓が脳に流れて詰まるなんてビックリしました。心筋梗塞など脳とは直接関係のなさそうな病気が原因になってしまう事もあるのです。

次に脳出血です。これは脳内の血管がなんらかの原因により破れてしまい、血管外(脳内)に血液が出てしまう状態です。これだけでも意識障害などが起こってしまうのですが、更に、この出血した血液が脳内に溜まってしまうと(血腫)、内圧が高くなってしまいます。脳幹部と呼ばれる脳の中でも基礎的な重要な役割を指示する場所が圧迫されると死に至る事もあります。脳幹部は呼吸などの絶対に必要な働きに関わっており、ここが機能しなくなると脳死よ呼ばれる状態になります。

最後にクモ膜下出血ですが、脳は3層の膜に分かれています。この3つの膜の1つに“クモ膜”という膜があります。この膜の辺りには脳脊髄液が入っています。ここで出血したり、ここに血液が混入したりします。このタイプの脳卒中の多くは脳動脈瘤の破裂からの出血です。頭を強く打ったなどの外傷が原因になる事もあります。急に頭痛になったり、我慢できないような痛みや、今までに感じた事のないような痛みの時は注意が必要です。酷い時は意識を失い死に至る事もあります。

簡単ではありますが、脳卒中の「脳梗塞」「脳出血」「クモ膜下出血」の説明でした。なんとなく違いは分かっていただけたでしょうか?超簡単に言うと、血管が詰まったり塞がったりするか、どこで出血するかという違いですね。それぞれ違う症状である事は理解していただけたと思います。さて、この3つの脳卒中は1つずつ発症するのでしょうか?同時に発症すると怖いですよね。

複数の脳卒中が一緒に発症される事は稀なようです。ただ、ゼロではないです。同時の場合は生存率や回復率が低くなってしまう傾向になってしまいます。同時よりも、何か1つでも発症してしまえば、再発する恐れが高くなります。その再発時には同じ症状とは限らず、他の2種になる事も多いんです。

脳出血で入院して治療中、脳梗塞も発症したという例は結構多くあります。最終的に併発してしまうパターンが多いです。複数の脳卒中が持病になった場合は、より命に関わる方を優先に治療を行う事が多いです。また、手術がない脳梗塞は神経内科、手術をする脳出血は脳外科など、脳梗塞と脳出血では治療を行う病棟が違う場合もあります。

Categories: archive