脳梗塞を予防するのは、他の病気を予防する事にもなるんです!

脳梗塞の原因と言われる事の多い、糖尿病・高血圧・飲酒・喫煙の4つ。この4つを予防するだけでも大きな脳梗塞の予防に繋がります。また、この4つを予防すれば、脳梗塞だけでなく、他の様々な病気を予防する事にもなります。つまり脳梗塞を予防すれば、いろんな病気を予防する事が可能なのです。まだ脳梗塞になった事のない人も、脳梗塞になってしまった人も、脳梗塞を予防する生活にしていきませんか?

まずは、どの病気を調べてみても、たいがい書かれている事があります。「お酒を飲み過ぎてはいけません。」と「禁煙しましょう。」です。ほんまに全部に関わってるのか?と思うぼどに何でもお酒とタバコはダメだと言われていますよね。お酒は多少飲むには逆に健康にも良いと言われていますが、飲み過ぎはいけません。ただ単に飲み過ぎるだけでアルコール中毒という病気になってしまいます。肝臓にも悪いですよね。

タバコは万病の元とも言われるくらいで、タバコを吸ってのメリットは何一つないようです。たまに精神安定剤のようなものの代わりだという人もいますが、これは全くの自己満足であり、これこそが依存している証拠でもあります。タバコは妊婦への影響も多く、肺がんや動脈硬化など様々な病気に関係してきます。タバコは吸う人よりも吸う人の周りの方がリスクは高いとも言うので吸わない人も気を付けておいた方が良いでしょう。

糖尿病を予防するには肥満を防ぐ事が1番です。中でも運動をするのが良いですね。筋肉がついていても、運動をしなくなると筋肉が脂肪に変わります。適度な運動はずっと続けていた方が良いようです。食事もバランスよく、できるだけ薄味で無駄な調味料を使わないように心がけましょう。食べ過ぎない事も忘れてはいけません。糖尿病はこの病気そのものよりも、後に訪れる合併症が怖い病気です。この合併症の中に脳梗塞もあり、他には皮膚の病気や感染症、心筋梗塞、動脈硬化など様々な病気に繋がります。

高血圧は単に血圧が高いだけと思われがちですが、どうして血圧が高くなったのかというハッキリした理由が分かりにくい病気です。その為、何らかの病気が隠れている事もあります。また自覚症状も余程酷く、他にも何か異常が出ないと分からない程です。定期的に血圧を測る習慣をつけていた方が良いでしょう。塩分は高血圧の原因です。暑い季節は塩分を取る事も大切ですが、取り過ぎや、汗の少ない時期の塩分には気をつけましょう。高血圧も心筋梗塞や動脈硬化の原因になります。もちろん、脳梗塞の原因でもあります。また、同じく脳梗塞の原因である糖尿病を悪化させる原因にもなります。

飲酒は飲み過ぎていなければ大丈夫という意見も多いですが、他の3つは命に関わるような病気に発展する可能性がある事です。命に関わる病気は、自覚症状が少なく、気が付いた時には手遅れになるという事も少なくありません。脳梗塞であっても、違う病気であっても、なるべく早く気が付いて治療に取り掛かる事が大切であり、できるだけ自分で予防する事が大切です。

飲酒・喫煙をしている方、私も喫煙者であり、飲めと言われれば果てしなく飲めます。今日、いきなり、禁酒・禁煙と言われれば正直辛いと思います。控えるだけでは意味がない、やめなければ意味がないとも言われているので、完全にやめなければいけません。脂質・糖分・塩分を減らす生活も今の食生活からすれば厳しいですよね。外食なんてほとんどダメです。でも、たくさんの病気を防ぐ事になるのです。まずは何か1つずつでも取り組んでいきましょう。

Categories: archive