脳梗塞の治療費ってどれくらい?払えないと死んじゃうの?

脳梗塞には前兆があるものの、それに気が付かない事も多いです。その為、急に発作が訪れる事の方が多いかもしれません。意識を失うように倒れたり、どうしようもない程の激頭痛を訴える事が多いと思いますので、とりあえず救急車を呼んで病院へ運ぶと思うのですが、残された家族が心配になるのはお金ですよね。こんな時にお金の心配?なんて思うかもしれませんが、現実的に大切な話です。

特に旦那様が脳梗塞になってしまった時の奥様は不安になるかと思います。他にも一切貯金がない家庭や、逆に借金のある家庭は、脳梗塞という未知の病気の金額なんて知る由もなく、入院もするであろう入院費を払えるわけもないですよね。数万円すら厳しい人々に高額請求がやってきます。払えないと死んじゃうの?それも困りますよね。

まぁ、まずは治療費や入院費なんぞ気にせずに、治療に専念させてあげましょう。お金が払えないから死ねなんて誰も言いませんから、まずは安心して治療を行ってください。病院もビジネスですが、もしも、「治療費が払えないなら他に行ってください。」なんて医者に出会って受け入れて貰えないなんて事があれば、これで治療が遅れて状態が悪くなるので逆に訴えてやれば良いですよ。そんなバカ医者はいないと信じたいですね。

さて、我が母が脳梗塞で倒れた時、父はそう言われてみれば既に定年を超えていました。もう社員ではなくバイトだったんですね。我が家は昔から貧乏でした。なので貯金なんてないと思います。父が私に「少しお金借りれる?」と聞いてきたとき初めて知りましたが、月に15万円程の稼ぎだそうです。賃貸なので家賃も掛かりますし、母と2人生活すれば足りないくらいだと思います。

母は同時に違う病気も見つかり、1か月以上入院していたんです。手術もありました。請求は150万円を超えていたんです。なんとなく予想はしてましたが、とても私でも払ってあげる事ができませんでした。私もこの時は通院していた身でしたし、旦那の稼ぎもよくありません。さすがに150万円を出すとは姉も言えないものでした。

が、実際に負担した費用は20万円もかからなかったと思います。高額医療請求です。あとは加入していた保険から後からですけど返ってきたりして、負担額は大きく下がったものです。何かしら病院に行きたいけど行けないって悩んでいる方、急な高額請求にどうしようか悩んでいる方、とりあえずは高額医療請求ですよ!かなり助けてくれます。市町村や病院に相談すれば良い方法を教えてもらえる事もあります。

ちなみに、私の知り合いの脳梗塞のみで入院された方の請求は50万円ほどだったようです。2週間くらいの入院で済むような場合、これくらいになる事が多いみたいですね。この方の実際の負担額は8万円弱だったそうです。切羽詰まっている人に8万円と言うと辛いかもしれませんが、まぁ払えなくもない金額ではあると思います。パートでも稼げるし、借りても返せる金額だと思います。

母の場合、他の病気の発見や、糖尿病や高血圧により、退院後の通院で掛かる薬代も偉い事でした。2万5千円という請求を聞いた時は「たけぇ~!」とつい薬剤師さんに言ってしまったものです。なんせ、その前日に貰った私の薬がたったの380円だったので、このギャップにやられました。

ちなみにお薬もお安いリーズナブルなメーカー様がございます。効果的には変わりないと言われていますので、是非ともお薬はそちらを希望してください。半額近く、以下になる事も多いです。また、診察など退院後の通院でも、高額になる程にお金は返ってきます。領収書の保管はしっかりしておきましょう。

Categories: archive