脳梗塞って誰にでもなるの?次は自分かも!?脳梗塞の主な原因

脳梗塞は50代以上の中高年の方に多い病気です。老化すると体の様々な機能が低下していく傾向にありますので、動脈硬化などが起きやすくなり、これが原因で脳梗塞へ発展するというパターンも多く見られます。また、若い頃からの積み重ねが中高年くらいの年齢で爆発してしまうという事も考えられますね。ですが、単なる老化だけが原因とも言い切れません。さて、脳梗塞の主な原因とは何なのでしょうか?

脳梗塞になる人の多くが既に発症している病気があります。生活習慣病です。生活習慣病が脳梗塞の原因になってしまうのです。高血圧、糖尿病、肥満が目立つ原因です。血圧が高いだけでなく、血圧が上がったり下がったりという変動が激しい場合にも注意が必要です。高血圧の方は薬の服用をしっかりして、血圧を安定させておかなくてはいけません。

糖尿病ってこれ自体には特に問題がないって事をご存知ですか?糖尿病になったから何?って話なんです。別に糖尿病になっただけなら問題はないんですよ。ならば糖尿病がどうして怖いと言われているかですよね。糖尿病の怖さは他の病気を引き起こす原因になる事なんです。合併症になると糖尿病の完治も厳しくなってしまいます。脳梗塞も糖尿病から引き起こさる病気の1つなのです。

肥満はどうしてでしょうか?太っているのと痩せているのとで何が関係するのでしょう。単に太り過ぎているというだけで様々な病気が考えられ、それが原因で脳梗塞へ…という事もあるのですが、太っているだけで血圧が上がるのが脳梗塞では怖い事なのです。肥満が高血圧に、高血圧が脳梗塞にというパターンです。ちなみにですが、肥満の人よりも標準体型の人の方が回復が良いとも言われています。

次に気になる原因は、飲酒・喫煙です。飲酒はたまに飲む、適度に飲む程度なら問題ありません。飲み過ぎていると危険です。喫煙は本当にイイ事がないんですね。そんな私も喫煙者ですが、何気なく今、タバコの箱を見ると「脳卒中で死亡する確率が…」なんて書いてましたよ。タバコが認める脳梗塞発症率アップなようです。なんか注意書きがあるのは知ってましたが、まさがここで脳卒中という言葉に出会えるとは思ってませんでした…。喫煙は動脈硬化になる可能性も高いです。動脈硬化になると血管が細くなるので、それだけ脳の血管も塞がりやすくなってしまいます。

心臓病をお持ちの方は脳梗塞の心配が大きくなります。心臓にできた血栓が脳に流れ、脳内で詰まってしまう事があるからです。他にも意外なところでは、流産や死産を経験した女性は脳梗塞の確率がアップするそうです。こればかりは予防しようがないので悲しいですよね。

さて、主に原因と言われる事が多いものを紹介してみました。私の母が脳梗塞で倒れた時に医師に聞きましたが、母は糖尿病&高血圧だったそうです。姉も糖尿病と高血圧になったって言ってたような気がします。遺伝する病気らしく、私も気を付けるように言われたのですが、遺伝を予防できるんですかね?そうそう、脳梗塞自体も遺伝するそうです。家族、親戚などに脳梗塞でなくても脳卒中の何かを発症した事がある人が1人でもいれば注意しておいた方が良いらしいです。

最近は食生活もグダグダになってしまっていると思います。様々な病気の若年化が進んでいます。脳梗塞も例外ではありません。20代での発症も確認されています。飲酒・喫煙をせずに、バランスの良い食事をとって、適度な運動をしていれば予防はできそうですが、なかなか難しいですよね。これを全て頑張っていても、完全には予防できそうにもない、次は自分かもしれない恐ろしい病気です。

Categories: archive